よく分かる坐骨神経痛トップ > ロコモティブシンドロームロコモかどうかチェック

ロコモかどうかチェック

介護が必要になるロコモティブシンドロームとは

ロコモティブシンドロームとは、「運動器症候群」のことであり、「要介護の状態、もしくは、要介護リスクの高い状態」のことを指します。

新しい国民生活病と紹介するメディアもあるほどで、非常に注目されるようになりました。
自分がロコモティブシンドロームかどうか、心配な人も多いでしょう。それでは、以下にロコモティブシンドロームのチェック方法について説明しますので、参照してください。

セルフチェック項目

次の7つの項目のうち、1つでも当てはまれば、ロコモティブシンドロームの恐れがあるといわれています。

「(1) 家の中でつまずいたり、滑ったりすることがある。」「(2) 階段を上るときに手すりが必要である。」
「(3) 15分程度続けて歩くことができない。」「(4) 横断歩道で青信号にもかかわらず、渡りきることができない。」
「(5) 片脚立ちをした状態で靴下をはくことができない。」「(6) 2kgぐらいの荷物を持って歩くことが困難である。」
「(7) 家の中で、掃除機を使用した掃除、あるいは、布団の上げ下ろしなど、やや重い仕事することが困難である。」

セルフチェックの診断結果

(1) に当てはまる場合は、脊髄症が原因による下肢の痙性、あるいは、下垂足などが原因の下腿筋力低下が考えられます。(2)に当てはまる場合は、片脚での自重支持筋力の低下や膝などの関節痛が考えられます。

(3) に当てはまる場合は、間欠性跛行の状態が考えられます。(4) に当てはまる場合は、歩行速度が遅すぎるため、筋力低下が認められます。(5) に当てはまる場合は、バランス能力の低下が考えられます。
(6) (7) の項目に関しては、日本整形外科学会が2009年10月に新たに追加した項目です。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。