よく分かる坐骨神経痛トップ > 腰部脊柱管狭窄症について腰部脊柱管狭窄症とは

腰部脊柱管狭窄症とは

脊柱管の詰まりが神経を圧迫する

腰部脊柱管狭窄症というのは、脊柱管が狭まることによって中の神経が圧迫される病気です。ン
脊柱管が狭くなる原因はいくつか考えられ、その結果として腰痛や下肢のしびれなどが生じるのです。

脊柱管というのは腰部を通っている神経の管ですが、そのなかでもどの部分が圧迫されているかによって症状に違いが出ることがわかっています。神経根が圧迫されると、腰から脚にかけて痛みやしびれが生じます。
左右に偏って圧迫されているときには、その圧迫されているほうに症状が出ます。

腰部脊柱管狭窄症の症状

神経が束になっている馬尾の部分が圧迫されると、足のしびれや麻痺といった症状のほか、排せつ障害や脱力感などを訴えるケースもあります。神経根が圧迫される脊柱管狭窄症よりも症状が重いことが多くあります。

この神経根と馬尾の両方が圧迫されている症状が出るケースもあり、混合型に分類されています。脊柱管が狭くなる原因としては、先天的に狭い人が成長して圧迫されていくケースと、後天的なものが考えられます。

原因について

後天的な原因としては、すべり症によって脊柱管が狭まるものや、加齢による変性なども考えられますし、椎間板ヘルニアによって合併狭窄が起きるケースもあります。

特徴的な症状としては、間欠跛行と呼ばれるものがあります。
これは、少し歩くと下肢が痛みだしたりしびれたり、重たくなったりするものです。少し休むとまた歩けるようになることで、年のせいだと勘違いしている人もいるのです。
腰部脊柱管狭窄症の程度によっても歩ける距離や時間に差が出てきます。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。