よく分かる坐骨神経痛トップ > 腰部脊柱管狭窄症について腰部脊柱管狭窄症の原因となる病気

腰部脊柱管狭窄症の原因となる病気

狭窄症の原因として考えられる病気

腰部脊柱管狭窄症の原因となる病気としては、腰椎分離症、分離すべり症、椎間板ヘルニアなどが考えられます。
腰椎分離症は、疲労骨折などでも引き起こされるものです。腰の部分には腰椎という5つの骨が積み重なっていますが、その腰椎の関節を作っている骨が折れてしまうのが腰椎分離症です。
なかでも4番目と5番目の腰椎間で起きやすいと言われています。
分離してしまうことで、脊椎が不安定になり炎症も起きやすく、腰部脊柱管狭窄症を引き起こすのです。

分離すべり症

分離すべり症というのは、分離した部分が前方にずれてしまう症状です。
スポーツなどで疲労骨折をして腰椎分離症になっても、すべらずに分離するだけというケースが多くあります。
しかし、中高年層になってくると、椎体が不安定になって身体の重さを支えきれなくなることがあります。

そうすると、分離した椎体部分に対して前にすべる力が生じてしまうのです。
椎体がずれてしまうと、神経根を圧迫してしまいます。ですから、腰部脊柱管狭窄症の原因となるというわけです。

椎間板ヘルニア

そして、椎間板ヘルニアというのは、椎間板に亀裂が入ることでなかの髄核が押し出されることで生じます
後方に髄核が押し出されると、そこにある神経根を圧迫することになります。それが原因で足のしびれや痛みが生じるというわけです。
腰部脊柱管狭窄症を引き起こすケースでは、椎間板ヘルニアの症状との合併症として起きることがあるので注意が必要です。ほかにも、腫瘍や外傷によるものなども考えられます。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。