よく分かる坐骨神経痛トップ > 腰部脊柱管狭窄症について腰部脊柱管狭窄症の症状

腰部脊柱管狭窄症の症状

主な症状

腰部脊柱管狭窄症の症状としては、腰や脚の痛み、しびれ、そして間欠跛行などが挙げられます。
間欠跛行というのは、痛みやしびれなどで長く歩くことができずに休みに休みになってしまう症状です。
腰部脊柱管狭窄症の程度によって歩ける距離や時間に違いがありますが、短い人で1~2分、長いと10分程度で、下肢が重たく感じたり、しびれや痛みが出たりします。
しばらく休むことでまた歩けるようになるので、年や疲労のせいだと放置してしまう人もいるので注意が必要です。

圧迫により痛みは異なる

また、腰部脊柱管狭窄症では、腰をそらせたり伸びをしたりするときに痛みが生じることが多くあります。
ですから、前かがみの状態が楽だという人も多くいます。

これは神経の圧迫がやわらぐからであり、前かがみが楽だというのも腰部脊柱管狭窄症の典型的な症状なので注意が必要です。そのほかにも、圧迫されている部位によって症状に違いがあることも知っておきましょう。
脊柱管のなかの神経根が圧迫されているか、馬尾が圧迫されているかという違いです。

症状は腰から脚にかけて起こりやすい

神経根が圧迫されているときには、腰から脚にかけての痛みやしびれが生じます。
神経根というのは、もともと下肢へとつながっていく神経だからです。
左右のどちらか圧迫されているほうに痛みやしびれが出ることもあります。

馬尾が圧迫されているケースでは、脚のしびれや痛みのほか、排せつ障害や脱力感が起きることもあります。
の神経根と馬尾の症状が合わさった混合タイプや、椎間板ヘルニアとの合併症なども考えられます。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。