よく分かる坐骨神経痛トップ > 腰部脊柱管狭窄症について馬尾型の症状や特徴-腰部脊柱管狭窄症の種類

馬尾型の症状や特徴-腰部脊柱管狭窄症の種類

症状は圧迫箇所により異なる

腰部脊柱管狭窄症では、圧迫されている部位によって種類が分かれています。
腰部にある脊柱管には中枢神経が走っていますが、その神経の束が馬尾になります。

いっぽう神経根というのは、脊髄から分かれて臀部から下肢に向かっていく神経の根元にあたります。
馬尾は脊柱管の中央に位置しており、腰部脊柱管狭窄症を発症するとつぶれた状態になってしまいます。
そのことで神経が圧迫されて、痛みやしびれを生じさせることになるというわけです。

馬尾型の症状

この馬尾が圧迫されている腰部脊柱管狭窄症では、脚のしびれや麻痺のほか、排せつ障害や脱力感などが起きることがあります。神経の束が圧迫されることになるので、坐骨神経痛のような痛みを感じるというケースもあります。

排せつ障害では、便尿が出にくくなったり、逆に我慢ができないという症状が出るケースもあります。
そのほか、しびれや違和感といったもので不快感が継続して起きる人もいますし、力が入らないという症状もあるのです。ですから、馬尾が圧迫されている腰部脊柱管狭窄症では、重い症状が起きる危険もあるのだというわけです。

歩行障害が起こることも

歩行障害に関しては、間欠跛行の症状が見られることになります。
脚の脱力感とも関係しますが、しばらく歩くとしびれや痛みを感じたり、脚が重たく感じられたりして、休み休みになってしまう症状です。

休みをとるとまた歩くことができ、しばらく歩くとまたしびれや痛みが生じたり、脚が重たくなってきたりします。
症状が重くなると、歩ける距離や時間がどんどん短くなります。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。