よく分かる坐骨神経痛トップ > 腰部脊柱管狭窄症について神経根型の症状や特徴-腰部脊柱管狭窄症の種類

神経根型の症状や特徴-腰部脊柱管狭窄症の種類

間欠跛行の症状

神経根が圧迫されている腰部脊柱管狭窄症では、間欠跛行や、脚のしびれ、痛みといった症状が出ます。
間欠跛行というのは、歩いているとすぐに脱力感や疲労感、痛みやしびれといった症状によって歩けなくなってしまうものです。少し休むことでまた歩けるようになりますが、再び下肢のしびれや痛み、ツッパリ感などが生じて休んでしまうのです。

腰痛は軽い程度しか生じないので、疲れや年齢のせいだと勘違いをして放置してしまう人もいます。
しかし、間欠跛行は腰部脊柱管狭窄症の症状が進むことで、どんどんと歩ける距離や時間が短くなっていくので注意が必要になるのです。

しびれや痛みも伴う

神経根が圧迫されている腰部脊柱管狭窄症の特徴的な症状として、圧迫されている側に痛みやしびれが生じます。

脊柱管の真ん中には神経の束である馬尾があり、その左右に下肢へとつながる神経の根元部分である神経根があります。左の神経根が圧迫されれば、左脚にかけて痛みやしびれが生じ、右の神経根が圧迫されれば、右脚にかけて痛みやしびれが生じるというわけです。
中でも強い坐骨神経痛が生じるケースがあり、腰から脚の先までにかけて激痛やしびれが起きるという人もいます。

保存療法が治療の中心

腰部脊柱管狭窄症が生じる原因には先天的なものと後天的なものがあります
保存療法によって治療を行っていくことが多いものですが、重篤なケースなどでは手術が勧められることもあります。神経の圧迫を取り除くことで症状を改善していくのです。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。