よく分かる坐骨神経痛トップ > 腰部脊柱管狭窄症について腰部脊柱管狭窄症の治療について

腰部脊柱管狭窄症の治療について

腰部脊柱管狭窄の治療法

腰部脊柱管狭窄症の治療方法というのは、その人の症状に合わせて選択していきます。
とくに圧迫されている部位や症状、その程度によってどの治療法が適しているかが決まっていくのです。

症状が重いときには手術が勧められることもありますが、基本的には保存療法を中心に選択していくことになるのです。この保存療法にもいろいろな種類があるので、問診や触診のほか、X線やCT、MRIの画像診断などを行って腰部脊柱管狭窄症の程度を確認します。

保存療法の種類

保存療法の種類としては、薬物療法、装具療法、理学療法、運動療法、神経ブロックなどが挙げられます。
薬物療法では、非ステロイド性消炎鎮痛剤、塗薬や貼付薬を使ったもの、血管を拡張して血流を改善するために循環促進剤や血管拡張剤などを使用する方法があります。
装具療法では、コルセットを装用して患部を固定することになります。症状によってはまっすぐ腰を伸ばすものではなく、少し前かがみになる屈曲タイプを使用することもあります。

理学療法の種類

理学療法には、ホットパックを使った温熱療法のほか、超音波療法、腰椎の牽引などがあります。
鎮痛や血行改善を目的としており、神経根型に有効だと言われています。

運動療法では、プール内歩行やエアロバイク、腹筋や背筋の強化、姿勢矯正などがあります。
神経ブロックというのは、いわゆるブロック注射のことです。硬膜外ブロック注射や神経根ブロック注射があります。
保存療法で症状が改善しない場合は、椎弓切除術による手術療法が選択されます。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。