よく分かる坐骨神経痛トップ > 腰部脊柱管狭窄症について腰部脊柱管狭窄症で手術が必要な人

腰部脊柱管狭窄症で手術が必要な人

病状によっては手術療法が適用される

腰部脊柱管狭窄症の治療では、最初に保存療法を行っていくことが多くあります
そのときには、問診、視診、触診等を行ったうえで、レントゲンやCT、MRI等の画像診断によってより詳しい状況を確認して、どのような治療法が適しているかを選択していくことになります。

とくに画像診断は、問題が起きている箇所を特定して、その程度や大きさを知るのに役に立ちます。
そこで選ばれた保存療法で効果がなかった人や、回復が見込めない人には、手術が勧められます。

手術が必要な症状とは

腰部脊柱管狭窄症の手術を勧められる人には、日常生活の動作が困難になっているケースも挙げられます。
とくに歩行障害や排せつ障害などもそうですし、坐骨神経痛の痛みでも保存療法で改善できない激痛をともなう人は手術が必要になることもあるのです。

そして、手術では、腰部脊柱管狭窄症によって狭くなってしまった脊柱管を拡張することが目的なので、神経への圧迫を取り除くことになります。ですから、障害が起きている部分の靭帯を除去したり、骨を削ることになるのです。

椎弓切除術・脊椎固定術

腰部脊柱管狭窄症の手術では、椎弓切除術脊椎固定術があります。
椎弓切除術というのは、脊柱管の内部における神経の圧迫を除去するために、背中側の椎弓と呼ばれる部位を必要に応じて切除します。
脊椎固定術というのは、椎弓切除術によって脊椎が不安定になったときに行われるものです。
骨盤から採取した骨によって除圧をした不安定な部位の脊椎を固定するのです。そうしておくと、骨癒合によって安定するからです。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。