よく分かる坐骨神経痛トップ > 手術療法低侵襲手術(MIS)の特徴

低侵襲手術(MIS)の特徴

患者の負担を最大限に減らした低侵襲手術

昨今の医療の現場では、坐骨神経痛などの手術において、できる限り患者への負担が少ない手術が選ばれるようになりました。患者にとって負担が少ない手術とは、筋肉の剥離を最小限に抑え、筋肉や靭帯をできる限り温存するような工夫をしている手術のことです。

このような手術の方法を「低侵襲手術(MIS)」と呼んでいます。以下では、低侵襲手術を取り入れた腰椎固定術(MIS-TLIF)を例に、低侵襲手術(MIS)の特徴を解説します。

腰椎除圧固定術

腰椎のすべりが原因で坐骨神経痛を発症している場合は、腰椎除圧固定術と呼ばれる手術が必要になります。
かつての手術では皮膚を大きく切開し、筋肉を剥離させるなど、手術部位を大きく切開して医師の目視により手術を行っていました。しかし、このような手術では、患者へのダメージが大きく、術後の痛み、筋肉の損傷など負担が大きかったといえます。

低侵襲腰椎固定術

そこで、皮膚を大きく切開しなくてすむように、レントゲン透視撮影を行いながら、特殊な開窓器や手術道具を用いて、除圧と骨移植などを行う低侵襲腰椎固定術(MIS-TLIF)が開発され、医療施設で導入されるようになりました。

従来の切開による手術方法よりも手術時間が短縮でき、また、出血量や筋肉の損傷が少なく、患者の術後の痛みや入院期間を減らすことが可能になりました。
ただし、専門的な設備が整備された医療施設で高度な技術をもった専門医が必要となるため、現在、低侵襲手術(MIS)を受けられる医療施設はわずかしかありません

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。