よく分かる坐骨神経痛トップ > 手術療法後側方固定術(PLF)

後側方固定術(PLF)

スクリューを使った

腰部脊柱管狭窄症の手術のうち、「後側方固定術(PLF)」と呼ばれる手術について解説します。

「後側方固定術(PLF)」は、全身麻酔が必要であり、麻酔後は、10~15cmほどの腰部の皮膚を切開します。
そして、脊髄神経が圧迫されている場合には、神経管を広げる処置をとりますが、脊髄を強く圧迫していない状態であれば、神経管を広げません。

その後、筋肉を剥がし、椎弓根にスクリューを刺し込みます。差し込んだ複数のスクリューを金属の板であるプレートと金属の棒であるロッドを使って、上下に繋ぎ止めます。
骨の変形が激しい場合は、レントゲン透視下で手術は行われます。

後側方固定術から退院までの流れ

「後側方固定術(PLF)」の時間は1~2時間程度で、麻酔時間を合わせると、オペルームには3~4時間程度居ます。この手術での出血は200cc程度なので、輸血の必要はありません。手術後は、手術の翌日からギプスを装着して歩くことができます。4日目にはギプスを外し、コルセットを装着します。

一般的に2週目で退院ができます。術後の1月間は安静が求められます。
デスクワークであれば1月後から、軽作業であれば2月後から、重労働であれば3月後から可能です。
それらの期間は、患者の骨粗鬆症などの状態によって、異なります。

合併症のリスクが伴う

「後側方固定術(PLF)」を行ったことにより、次のような合併症が起きるケースがあります。
深部感染、運動麻痺の増悪、神経根・硬膜損傷、脳・心筋梗塞、肺塞栓、麻酔に伴う肺炎などの合併症、癒合不全などです。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。