よく分かる坐骨神経痛トップ > 手術療法脊椎内視鏡下手術・技術認定医とは

脊椎内視鏡下手術・技術認定医とは

認定医に必要な資格

日本整形外科学会が主催する認定資格である脊椎内視鏡下手術・技術認定制度があります。
「日本整形外科学会認定脊椎内視鏡下手術・技術認定医」になるには、次の資格を有していなければなりません。
それは「整形外科専門医の資格」「日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医としての資格」です。
この二つの資格を有した者だけが、「日本整形外科学会認定脊椎内視鏡下手術・技術認定医」の受験資格を得ることができます。

試験内容

試験の内容は、「内視鏡手術に関連した学会発表の実績、実際に内視鏡手術を行ったときの映像ビデオ、今まで行ってきた脊椎手術と内視鏡脊椎手術の症例報告、技術を保証することができる医師の推薦状」などの提出が求められます。その上、「モデル骨や生きた豚を利用した内視鏡手術の研修」なども受けなければなりません。

このような多くの条件を満たしたものだけが、審査を受けることができます。現在、技術認定医の数は全国に100名ほどしかいないことから、かなり難関な資格試験だということが分かります。

非常に難しい試験

難関な理由は、背骨の手術が難しいことから、高度な技術力が必要になるためです。
背骨は、骨、筋肉、靭帯、神経、硬膜、髄液、椎間板、血管といったもので構成されており、固い部位もあれば、柔らかい部位もあり、また液体など多くの要素から構成されています。

さらに、背骨には他の器官と比べてスペースが全くないため、少しずつ器具でスペースを広げ、その中で手術を行なわなければなりません。そのような特殊性があるため、試験でも高度な技術力が求められるようになりました。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。