よく分かる坐骨神経痛トップ > 手術療法神経除圧術(椎弓切除術・椎弓部分切除術)

神経除圧術(椎弓切除術・椎弓部分切除術)

脊柱管の圧迫により神経がダメージを受ける

腰部脊柱管狭窄症とは、背骨内の脊柱管と呼ばれる部位が、加齢などによる骨の変形で圧迫され、さらに骨を支えている靱帯の肥厚や椎間板の突出などが加わることで、脊柱管の中の神経がダメージをうけてしまう病気です。

治療法は、薬物療法や腰の牽引、電気治療、マッサージなどの保存的治療が行われますが、症状が改善されない場合は、手術による治療が行われます。

腰部脊柱管狭窄症の治療法

腰部脊柱管狭窄症に対して、一般的には神経除圧術である部分椎弓切除術と呼ばれる手術が行われます。
かつての椎弓切除術では、椎弓と呼ばれる脊髄神経の後ろにある骨を全て除去していました。しかし、近年の手術においては、椎弓の一部だけを削る部分椎弓切除術が主流になりました。

手術用顕微鏡などの手術器具を導入したことで、椎弓を全て取り除く必要はなくなり、一部分の椎弓を削るだけで手術することが可能になったのです。従来の椎弓切除術に比べると、手術後の痛みや骨の変形などを軽減できます。
具体的な手術内容は以下のとおりです。

部分椎弓切除術

全身麻酔あるいは腰椎部分麻酔を行い、うつ伏せになります。次に、背中に約3、4cm程度の皮膚を切開し、骨についている筋肉を剥離し、腰椎の背面である椎弓を露出させます。
次に、手術用ドリルで椎弓の一部を削り、 神経の後ろにある靱帯(黄色靱帯)を切開し、神経などをチェックします。
そして、神経を圧迫している骨や靱帯を切除し、神経への圧迫が解消されたことを確認してから、皮膚を閉じて、手術は終了します。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。