よく分かる坐骨神経痛トップ > 手術療法ラブ法(椎間板切除術)-腰椎椎間板ヘルニアの手術

ラブ法(椎間板切除術)-腰椎椎間板ヘルニアの手術

背中からヘルニアを除去する術式

腰椎椎間板ヘルニアの代表的な手術の方法に、「ラブ法(椎間板切除術)」があります。
腰椎椎間板ヘルニアの手術では、原因となるヘルニア部位を切除するのが一般的な方法です。
椎間板ヘルニアを切除する方法は、前方のお腹から切開する方法と後方の背中から切開する方法があります。

前方のお腹から切開する方法は、腹部の臓器が障害となる点や、ヘルニア部位の神経の確認がしづらい点があるため、現在では後方の背中から切開する方法が主流となりました。
ラブ法は、従来から行われている背中から切開する手術のことです。

ラブ法の手術内容

具体的な手術内容は、背中の皮膚を5~6cm程度切開し、脊椎の後面に位置する椎弓から筋肉を剥がします。
そして、椎弓の間の靭帯を切り離し、椎間板ヘルニアと神経の関係を確認し、神経を圧迫しているヘルニアを切除します。ラブ法を施術した後は、9割以上の患者が元の生活に復帰しているといわれています。

肉体的負担が少ない低侵襲手術

しかし、近年は、医療の進歩により、患者に負担のない手術が行われるようになりました。
例えば、経皮的髄核摘出術と呼ばれる手術では、切開する範囲が、約5mmのみで行われます。
また、顕微鏡を使用した手術であれば、3~4 cmの切開で済みますし、内視鏡を使用した手術であれば、1~2cmの切開で済みます。

このような手術は、低侵襲手術と呼ばれています。
低侵襲手術のメリットは、皮膚の切開範囲が狭く、また、筋組織の剥離も少ないことにより、患者の負担が少なく、術後の痛みが軽減されることが挙げられます。その一方で、高度な医療施設と技術が必要なため、実施できる医療施設は全国でも限られています。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。