よく分かる坐骨神経痛トップ > 手術療法内皮的内視鏡下椎間板摘出術-腰椎椎間板ヘルニアの手術

内皮的内視鏡下椎間板摘出術-腰椎椎間板ヘルニアの手術

骨の切除が不要な術式

腰椎椎間板ヘルニアの手術は、多種多様であり、医療施設によって採用されている手術は異なります。
新しい設備や技術を積極的に導入している病院においては、従来の手術よりも進んだ手術を行っていますが、腰椎椎間板ヘルニアの手術においても、大きい総合病院や大学病院であれば、新しい術式を採用しています。
そのうちのひとつが「内視鏡下椎間板摘出術」です。以下に、内視鏡下椎間板摘出術の優れた特徴について紹介します。

内視鏡下椎間板摘出術の手術内容

内視鏡下椎間板摘出術は、従来の手術方法とは異なり、神経を圧迫している腰椎椎間板ヘルニアを、椎間板の後方から直接摘出することができます。使用する内視鏡は特殊なものであり、直径はわずか5.9mm程度の大きさで、ここから鉗子(ハサミに似た医療器具)を使用して、手術を行います。

また、顕微鏡手術やMD法、MED法などの従来の腰椎椎間板ヘルニアの手術では、全身麻酔をしたのち、皮膚切開を行い、ヘルニアの切除を行っていましたが、内視鏡下椎間板摘出術では、局所麻酔により行うことが可能となりました。

特徴は体への負担が少ないこと

従来の手術では、後方から腰椎椎弓と筋肉を剥がして、それから、腰椎椎弓を部分切除し、黄色靱帯を切除したのち、硬膜と神経根を確認して、腹側から神経を圧迫している腰椎椎間板ヘルニアを摘出していました。

しかし、内視鏡下椎間板摘出術では骨の切除が不要になりました。
このとおり、この手術は患者の負担が少ないため、手術当日から食事またはトイレ歩行ができます。
また、従来の手術では通常、術後1週間程度は入院が必要でしたが、この手術では、術後の翌日に退院することができます。ただし、この手術を行っている病院は全国でわずかしかありません。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。